Tetsuo Kobori

Architects

News

一緒に建築を丁寧につくっていただける方を募集します

小堀哲夫建築設計事務所では、業務拡大のため、設計スタッフを新たに募集いたします。

これまでに当社では、大学やオフィス、研究所、住宅、大型複合ビル、旅館など幅広い用途や規模のプロジェクトに取り組んでまいりました。現在ではさらにプロジェクト数が増えており、それに伴い、一緒に建築を丁寧につくっていただける方を募集いたします。

アルバイトや時短勤務など、ご希望の働き方をぜひご相談ください。

多くの方からのご応募をお待ちしております。

 

■現在進行中プロジェクト
大学、オフィス、研究所、住宅、リノベーション、複合ビル、劇場その他多数

■募集業種及び採用人数
設計スタッフ:若干名(プロジェクト契約・兼業可)

■応募資格
なし

■休日
土日・祝日、夏期休暇、年末年始休暇

■勤務時間
9:30~18:30
※ただし業務状況による
※アルバイトの規定はありません

■給与
社内規定による

■試用期間
3ヶ月程度(有給)

■募集期間
採用者決定次第終了

■応募方法

履歴書とポートフォリオを下記のメールアドレスへお送りください
pj.a-1708639978kt@ti1708639978urcer1708639978

大和ハウスグループ みらい価値共創センター「コトクリエ」が、AMP賞のBest of Bestを受賞しました。

大和ハウスグループ みらい価値共創センター「コトクリエ」が、アメリカの国際建築賞「AMP(The Architecture MasterPrize 2023)」において、Best of Bestを受賞いたしました。

同賞は、世界中の質の高い建築デザインを評価する賞として知られており、今年は、全世界81ヶ国から何千ものエントリーが集まりました。

「コトクリエ」の受賞は、ウッドデザイン賞、日経ニューオフィス賞、IDA 2022に続き、4例目の受賞となりました。

https://architectureprize.com/winners/winner.php?id=6380

 

We are honored to share that Daiwa House Group MIRAI KACHI KYOSO Center “Kotokurie” won AMP(The Architecture MasterPrize 2023).

The award is known for recognizing quality architectural design from around the world, and this year received thousands of entries from 81 countries.

This is the forth time that Kotokurie has received an award, following the Wood Design Award, the Nikkei New Office Award and IDA 2022.

Instagram: @architecturemasterprize

イズミシステム設計開催のウェビナーに登壇させていただきます

11月30日(木)15:30〜16:30に、イズミシステム設計が開催するセミナーで、小堀が講演をさせていただきます。
ウェビナーはまだお申し込みを受け付けておりますので、もしお時間が合えばぜひご視聴ください。

・詳細:https://izumi-system.co.jp/seminar_event/s/2023-11-27-14394/
・ウェビナーお申し込み:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_9WziS2umT4eaH_aU_1m0pA#/registration

Kobori will be speaking at a webinar on Thursday, November 30, from 3:30 to 4:30 p.m., hosted by Izumi System Planning.
The webinar is still open for registration, so please tune in if you can make it.

・Details: https://izumi-system.co.jp/seminar_event/s/2023-11-27-14394/
・Webinar Registration: https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_9WziS2umT4eaH_aU_1m0pA#/registration

三番町共用会議所一般公開の場で、陣内秀信先生と小堀が対談いたします

昨年に引き続き、今年も三番町共用会議所(旧山縣有明邸庭園跡・庁舎別館)の一般公開の場において、小堀がトークイベントをさせていただきます。

今回は、陣内秀信先生と共に「大江建築にみる近代と庭園」についてお話をいたします。

イベントは無料・予約不要ですので、ぜひご参加ください。

■三番町共用会議所について:

三番町共用会議所は、大正12年の関東大震災、昭和20年の空襲によって失われてしまった、第3代および第9代内閣総理大臣・山縣有明氏が明治18年に建築した邸宅跡にあった建物。当時が偲ばれる庭園跡と明治天皇の行幸(明治18年10月)を賜った記念碑(山縣有朋公建立)が今も残っています。

また、庁舎別館は、戦後日本を代表する建築家・大江 宏氏設計によるもの。令和4年度には、DOCOMOMO Japanの「モダン・ムーブメントの建築」に選定されました。

■イベント詳細:https://www.maff.go.jp/j/use/koukai/kaigisyo_koukai01.html

■お問い合わせ先:

・農林水産省 大臣官房予算課用度班

担当者:髙山、永平、檜村

代表:03-3502-8111(内線3312)

ダイヤルイン:03-3502-5557

メールアドレス:pj.og1708639978.ffam1708639978@1odu1708639978oy1708639978

・三番町共用会議所(農林水産省)

ダイヤルイン:03-3261-5166

Continuing from last year, Kobori will give a talk event at the Sanbancho Conference Hall (the former site of the former Yamagata Ariake Residence Garden and Government Building Annex), which is open to the public this year.

Sanbancho Conference Hall is a national conference hall built at the site of the residence of Duke “Aritomo Yamagata,” who was a politician in the Meiji period.

This year, he will talk about “Modernity and Gardens in Oe Architecture” with Mr. Hidenobu Jinnai.

The event is free of charge and reservations are not required. Please feel free to visit the event.

■ More details: https://www.maff.go.jp/j/use/koukai/kaigisyo_koukai01.html

■ Contact:

・Budget Division, Minister’s Secretariat, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries

Main Phone Number: 03-3502-8111(Extension Number3312)

Direct Phone Number: 03-3502-5557

email: pj.og1708639978.ffam1708639978@1odu1708639978oy1708639978

・Sanbancho Kyoyo Kaigisho(Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries)

Direct Phone Number: 03-3261-5166

書籍『建築家のアタマのなか』発売のお知らせ

小堀哲夫初の著書『建築家のアタマのなか』が、幻冬舎より発売されました。
たくさんのスケッチと共に、小堀の建築に対する考えやプロジェクトとの向き合い方などをご紹介させていただいております。
店頭はじめ、オンラインからもお求めいただけますので、お手に取っていただけますと幸いです。
皆さまからのご感想などぜひお聞かせくださいませ。
よろしくお願いいたします。
Amazon: https://amzn.asia/d/1VVZSfX
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/17686769/

建築は楽しい!

日本を代表する2つの建築賞
「日本建築学会賞」「JIA日本建築大賞」を受賞した小堀哲夫が
建築の世界とその魅力について語る

建築家にとって、最も大切な能力とはなんだろう?
人をあっと驚かせるような発想力?
それとも、デザイン力?

確かにそれらの能力はあるに越したことはないけれど、
もっと大切なのは「目の前の世界に気づき、身体全体で感じる力」だ、
と著者はいいます。特別な場所へ行って特別な体験をすることが重要なのではなく、
何気ない暮らしの中で触れるものからいかにヒントを感じ取り、拾い上げるか、
それがすべての発想のもとになるのです。
そして、その発想を自分の好きなところから広げていくことで、デザインが生まれ、
作品につながっていく――そこに、著者の考える建築の面白さ、楽しさがあります。

本書は、国内外で数々の受賞歴を誇り、現代を代表するトップクラスの建築家である著者が、
自らの幼少期から現在にいたるまでのさまざまな経験をもとに、
建築の楽しさを伝えるために記したものです。建築・ものづくり・美術・デザイン・
インテリアなどに興味をもつ若い世代へ向けて、
世界の最先端を走る建築家は何を考えているのか、
その“アタマのなか”を明らかにする一冊です。

Kobori’s first book was released by Gentosha.
Along with many sketches, we introduce Kobori’s thoughts on architecture and his approach to the project.
We hope you will be able to find the book in stores and online.
We would love to hear your feedback.
Amazon: https://amzn.asia/d/1VVZSfX
Rakuten Books: https://books.rakuten.co.jp/rb/17686769/

1 2 3 4