Tetsuo Kobori

Architects

News

2023年7月1日より、事務所を移転しました

この度、株式会社小堀哲夫建築設計事務所は、2023年7月1日よりオフィスを下記に移転いたしました。

  • 移転先住所:〒112-0002 東京都文京区小石川1-28-1 小石川桜ビル7F

※ 電話番号は変更ございません。

何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

約5年ぶりに開催される「アイカデザインセミナー」に登壇します。

2023年7月13日(木)13:30より、アイカ工業株式会社主催「アイカデザインセミナー」にて講演をさせていただきます。
同セミナーは、さまざまな建築家やデザイナーを講師に迎えて行われていましたが、新型コロナウイルスの影響によりしばらく休止していました。
今回は約5年ぶりの開催となります。
場所は、同社の名古屋ショールーム。ぜひお越しくださいませ。
 
・セミナー詳細:
・「アイカデザインセミナー」過去開催一覧:
 
 
On Thursday, July 13, 2023, Kobori will be giving a lecture at the “AICA Design Seminar” hosted by AICA Kogyo Company, Limited.
The seminar used to be held with various architects and designers as lecturers, but was suspended for a while due to COVID-19.
This time, the seminar will be held for the first time in about five years.
The venue is AICA Kogyo’s Nagoya showroom. We look forward to seeing you there.
 
 

2025年大阪・関西万博のシグネチャーパビリオンの建物協賛企業が発表されました

弊社で設計を担当しております、2025年大阪・関西万博のテーマ事業「いのちを高める」シグネチャーパビリオン「いのちの遊び場 クラゲ館」(中島さち子氏プロデュース)について、建物の協賛企業が発表されました。
さまざまなメディアで取り上げていただいております。
ぜひご覧ください。
 
 
The building sponsors for the “Playground of Life Jellyfish Pavilion” (produced by Sachiko Nakajima), the signature pavilion of the “Brilliance of Life Project” for the Expo 2025 to be held in 2025, for which we are in charge of the design, have been announced.
The building has been featured in various media.
Please take a look.
 
・Details about the Expo 2025 Osaka, Kansai, Japan: https://www.expo2025.or.jp/en/overview/project/
 

朝日新聞夕刊で連載の「建モノがたり」に「ROKIグローバルイノベーションセンター」を掲載いただきました

2023年5月16日(火)付の朝日新聞夕刊および、朝日新聞デジタル、朝日マリオン・コムに、「ROKIグローバルイノベーションセンター」を掲載いただきました。
さまざまな建築物を紹介している連載「建モノがたり」コーナーでのご紹介です。
ぜひご覧ください。

・朝日新聞デジタル:https://www.asahi.com/articles/DA3S15637536.html(一部有料)
・朝日マリオン・コム:https://www.asahi-mullion.com/column/article/tatemono/5513

「ROKI Global Innovation Center –ROGIC–」was featured on Asahi Shimbun which is one of the largest newspapers in Japan. Thank you very much for featuring our project. Please look on web article as below.

・Asahi Shimbun DIGITAL:https://www.asahi.com/articles/DA3S15637536.html(It charges to read whole article)
・Asahi Mullion:https://www.asahi-mullion.com/column/article/tatemono/5513(Free article)

 

Panasonicのパブリック建材について製品レビューをさせていただきました

Panasonicが公共施設やオフィスに向けて開発している「パブリック建材」。

実際に、小堀がショールームで製品を拝見し、次世代の公共施設やオフィスでどのように取り入れられるか、製品レビューをさせていただきました。

住宅事業に長年携わってきた同社ならではの着眼点や発想が、製品にいかされています。

TECTURE MAGにてインタビュー記事が公開されております。

ぜひご覧ください。

 

Part 1:https://mag.tecture.jp/product/20230228-83911/

Part 2:https://mag.tecture.jp/product/20230228-83942/

 

Kobori’s interview is now on TECTURE MAG which is about Panasonic’s architectural products and materials.

Kobori visited the showroom to see the products and reviewed how they could be incorporated into next-generation public facilities and offices.

The company’s unique perspective and ideas, developed over many years of involvement in the housing business, are utilized in their products.

The interview is available on TECTURE MAG.

Please take a look.

 

Part 1:https://mag.tecture.jp/product/20230228-83911/

Part 2:https://mag.tecture.jp/product/20230228-83942/

1 2 3 4 5 6